東北の大雨を理解する方法

2020年7月28日、東北地方と北陸東部(新潟県)は梅雨末期の大雨に見舞われている。特に山形県では今夜の始め頃にかけて発達した雨雲が断続的に通過する予想で《記録的な大雨になる恐れ》があり、土砂災害警戒情報発表に伴う避難指示・勧告等の対象地域は今後さらに拡大する見込み(28日17時現在、遊佐町・三川町・真室川町・金山町を除く全域に土砂災害…

続きを読むread more

有事の性善説は正常性バイアス

新型コロナウィルス感染症の《第2波》が事もあろうに政治主導のキャンペーンによって都市圏から地方への伝播を本格化させようとしている(※「都市圏」は東京のみを示唆するものではない.)。22日からの《Go To トラベル》は当地:山形のような地方にトドメを刺す(Go to Hell)可能性すらある。コロナ禍に対する地方医療には未だ歴然とした較…

続きを読むread more

高速で「ゆっくり」動いた高気圧

下図左は2020年6月8日09時の地上天気図。《佐渡近海の日本海》に1018hPaの高気圧があって「ゆっくり」南東に進んでいる、とある。予報用語の《ゆっくり》とは、移動方向が明らかな気象擾乱(低気圧・高気圧・熱帯低気圧・台風…など)が《時速9キロ以下》で移動している場合を示す。同じ時速9キロ以下でも、移動方向が明らかでない気象擾乱には《…

続きを読むread more