台風8号は関東を指向か?

【台風8号に関する経路図等は随時追加】気象庁の地上天気図(23日06時)には未だ解析されていないが、JTWCなどによると7月23日03時現在、熱帯低気圧が硫黄島の南東海上にあって東北東に進んでいる。今後、熱帯低気圧は反時計回りに進路を変えながら27日から28日にかけて東日本の太平洋岸に接近する恐れがある。硫黄島近海の海面温度は平年並みの…

続きを読むread more

お菊虫

毎年今頃(=夏の前半)、最上川支流の土手をジョギングしていると《黒いアゲハ蝶》が乱舞している場所を通り抜けることがある。こちらは出来るだけ立ち止まりたくないから何時も横目で見過ごして来たのだが、今季は大発生している一角があって恐怖感すら覚えた。「たぶん有難い機会なのだろう‥」と某日改めてカメラ片手に訪れ《黒いアゲハ蝶》の正体を調べてみた…

続きを読むread more

スーパームーン&皆既月食

気象庁の現ホームページが使い勝手を重視したOne Drive仕様に改修(?)された副作用で、従前のHPに採用されていた「広告」が姿を消した。慢性的な金欠に喘ぐ気象庁にとっては副収入の道を自ら閉ざした形だが、一方で、ビジネスに気象データを活用するデジタルトランスフォーメーション(DX)の伸展を気象庁としてバックアップしながら「自分たちが蓄…

続きを読むread more

本震を知らない世代に余震を残しても‥

2021年2月13日や3月20日(いずれも土曜日)の地震に関する気象庁の報道発表に《不穏当な表現》を見い出した筆者だったが「これは確信的にやっているな‥」と静観していた。ようやく気象庁は4月1日の『お知らせ』で‥ (1)東北地方太平洋沖地震の余震域内で発生した震度5弱以上の地震について 報道発表する際に、報道発表資料の表題に付けている…

続きを読むread more

その震度に違和感はないか?

『ウソ、もっと揺れただろ!今の‥』きっと山形市民の多くは同様の違和感を持った覚えがあるだろう。マスコミから発表される《各地の震度》は気象庁がとりまとめて提供したものだが、それらは気象庁に加えて、地方公共団体(全国の市区町村)や文部科学省(防災科学技術研究所)などの震度計データで構成される。従って多くの市区町村には複数の震度計が設置されて…

続きを読むread more

知識人のポジショントーク

毎年必ずやってくる3月11日を迎えるにあたり、ここ数年の筆者は『どのような知識人・著名人が、東日本大震災に関して、どのようなポジショントークを発信しているか?』に注目している。なぜなら原稿の依頼主・取材元は著者に対し、東日本大震災についての(いかにも識者らしい)自論の展開を期待しているはず‥だからだ。今回、以下にリンクを貼り、最下部に引…

続きを読むread more

本震(3・11)よりも揺れた被災地

2021年2月13日23時08分ころ、《本震から10年をどのように迎えようか‥》としていた東日本大震災の被災地が、かつての戦慄を念押しするかのような《大きな余震》に襲われた。この太平洋プレート内部で発生した逆断層型地震は、速報ではマグニチュード(M)7.1、震源の深さ(D)60キロだったが、14日未明の会見までに《M=7.3およびD=5…

続きを読むread more

北極振動指数と厳冬後半の行方

1月19日(火)の正午過ぎ、宮城県大崎市古川の東北自動車道(E4)で《西北西よりの地吹雪によるホワイトアウト》の中、大規模な多重衝突事故が発生。冬季の同地域(三本木~古川区間)では、これまでも大規模な多重衝突事故が発生してきた。大崎平野古川地域の《冬の暴風雪》を理解するには、夏の始めごろ、この宮城県古川と奥羽山脈を挟んで反対側に位置する…

続きを読むread more

第三波は爆弾低気圧がらみ

【主な実況値や衛星画像解説については追記を参照】山形県大蔵村にある肘折(Hijiori)アメダスでは令和3年1月5日の未明に294㎝の積雪深を観測した(同11日08時現在:329cm)。生活区に設置されたアメダスの積雪深としては群を抜く豪雪になっている。肘折では毎年2月の最終日曜日に『地面出し競争World Cup in 肘折』が開催さ…

続きを読むread more

JPCZ放雪銃の照準

【各種予想図・実況について追記の予定】30日は夜になって日最低気温(Tn)が続々と更新されている。第二波の日本への上陸に先立ち、シベリア高気圧の中心がバイカル湖南西のモンゴル高原付近で1093.5hPaの高値を叩き出したらしい。29日09時の地上解析図(ASAS)にも同所付近に1084hPaの優勢な大陸性極気団が解析されていた。第一報に…

続きを読むread more

寒波という自粛強制力

【気象情報や実況に関する追記あり】2021年シーズン最初の寒波は何とか切り抜けたが、湿った重い雪のため除雪作業中の事故が多発し、山形県内では23日までに5人が亡くなっている。第一波による当地:山形の最大積雪深は51センチ。当地に本社があるスーパーマーケットでは《災害級の大雪》という既成事実にあやかり、大雪の前には税抜98円で売っていたホ…

続きを読むread more